オナホールのメンテナンスはどうしたらいいの?オナホのいろは教えます! 【オナホールコラム】

恩田なほ
恩田なほ

「オナホール」って使い捨てじゃなくて、ちゃんとメンテナンスすれば何回も使えるんだよ~!

オナホールのメンテナンスについて

今回のコラムではオナホのメンテナンスについて説明していくよ~!というのもカップオナホール以外のオナホールは使い捨てではなくて、繰り返し使えるんだよ~!

ただ、不衛生にメンテしちゃうと雑菌が繁殖したりしちゃうからね!しっかりと衛生管理するためにも勉強しておこうね~!

オナホを洗おう

オナホのメンテって聞くと、多くの人が、ひょっとしたらオナホール上級者の人も、使い終わった後のことを考えているんじゃないかな?

違うよ!オナホのメンテは使う前から始まっているんだよ!

オナホを使った後だけじゃなくて、新品のオナホを最初に使う前にも洗うんだよ!

新品とは言っても、正直に言うと、どんな状況下でオナホが作られているかはわからないからね!オナホ工場の衛生管理がどのレベルかなんてボクは知らないから、おちんちんという人間の体の中でも敏感な場所を使うものに対しては安全対策としてしっかりと洗おうね!

その後はしっかりとメンテしておけば、使う前に洗う必要は無いよ~!
でも使った後のメンテが不十分だったら、使う前に洗いなさいね!

水洗い

まずは水洗いだね!オナホールの外側も内側も流水で汚れを洗い流そう!

内側を洗う時に注意しないといけないのが、裏返すと壊れるオナホールもあるということ!

裏返せると洗浄を含めてメンテは圧倒的に楽なんだけど、肉厚のものだったり、2層構造だったり、素材がめちゃくちゃ柔らかいものだったりは裏返すと裂けやすいから注意してね!

そんな裏返せないオナホールの洗浄で役立つアイテムを紹介するね!

オナホール専用洗剤

これは「G PROJECT×PEPEE HOLE CLEANER」

今はオナホ用の洗剤まであるんだね~!これでプシュッと泡をオナホールにかけて、中も外も洗おうね!

そしてオナホを中をよく洗おうとする時にも注意点があるよ!

それは入口の穴を広げすぎると・・・・・・裂ける可能性があること!

オナホール洗浄ブラシ

そんな時に役立つのがオナホールを洗うためのブラシだよ~!

これは「オナホケアセット」に入っているブラシ!
「オナホケアセット」はブラシの他にも「オナホウォーマー」「珪藻土スティック」「パウダー」も入っている便利セットだね~!

スティックになっているから、入口を拡げなくてもスルスルと奥まで入っていけるんだね~!先っちょもスポンジだから、オナホを傷める心配も少ないし、指で洗うよりもきめ細かく洗えるよ!

(でも、ボクは心配症なので、ブラシで洗った後に指でヌメヌメしてないか確認はしちゃうけどね!)

あとは流水でしっかりと中の汚れを掻きだしてね!

 

ちなみにオナホブラシのレビューも過去にやっているよ~!

「G PROJECT HOLE CLEAN BRUSH [ホール クリーン ブラシ]」奥までキレイキレイにしなければ!【オナホ関連グッズ紹介】
G PROJECT HOLE CLEAN BRUSH [ホール クリーン ブラシ]は有名アダルトグッズメーカーGPROJECTが発売しているオナホールを洗浄するためのアダルトグッズです。わざわざオナホールを洗うためにブラシを?と思われるかもしれませんが、あると無いとでは衛生面でも、洗浄の時間面でも大きく変わってきます!詳しくブログで説明しています。【オナホ関連グッズ紹介】

オナホを乾かそう

洗浄してオナホ自体はキレイキレイになったけど、かなりビショビショになっているよね?この水分を放置してしまうと、雑菌の繁殖場所になっちゃってカビが生えたりしちゃうよ!

なのでしっかりと乾かすことを忘れないでね~!

ここでも便利なオナホ乾燥用アイテムを紹介しておくよ~!

マイクロファイバータオル

普通のタオルよりも吸水性が高いマイクロファイバー生地のものがイイね!

これはオナホール専用タオル「オナフキン」

まずはオナホの外側を拭き拭きしよう!

外側が終わったら、内側も拭き拭きしたいところなんだけど・・・・・・・

入口を拡げ過ぎたら避ける可能性があるってさっきも言ったよね?

では入口を拡げずに内側の水分をどう拭き取ればいいのか!

珪藻土スティック

はい!こちらの珪藻土スティックを使えばイイんだよね~!

大体直径1センチの円柱状になっているから、オナホの穴に差し込んでも全く問題ないんだよ~!

これで珪藻土スティックがオナホの中の水分を吸収してくれるよ~!

ただし、オナホって内部構造が複雑なものが多いから、ただ挿すだけでは不十分だよ!

挿している珪藻土スティックを、オナホの外からグッとニギニギしよう!これでイボやヒダと言った構造があっても、珪藻土スティックにしっかりと絡みつくので水分を吸収してくれるよ~!

でもでも!これでもまだ完全に水分を吸収しきれてはいないんだ!指を入れてみたらまだ湿っているのがわかるはず!

そんな時はブラシの柄とマイクロファイバータオルを組合せて使う!

 

さらに便利なものを紹介しちゃうよ~!今回使った珪藻土スティックはこれなんだよ~!

これは「DNAドライスタンド」!これの良いところは、土台が付いていることと、土台とスティックが切り離されているところ!

ニギニギもしやすいし、

最後にスタンドに立てて置いておけば、オナホの中に残った最後の水分は少しづつ下に落ちるし、落ちる時には珪藻土スティックに吸収されるってわけだね~!

珪藻土スティックを挿しっぱなしにしておくことは多いと思うんだけど、立てて置けるのは場所も取らないしイイよね~!寝かせておくとオナホの油分がいろんなところに付いちゃうかもしれないしね~。あとはせっかく洗ったオナホなのにテーブルの上が汚かったら台無しになっちゃうしね~

 

ちな珪藻土スティックもレビューもしているよ~!

「G PROJECT HOLE QUICK DRY 珪藻土STICK」大型オナホには必須レベル!【オナホ関連グッズ紹介】
G PROJECT HOLE QUICK DRY 珪藻土STICKは有名アダルトグッズメーカーGPROJECTが発売しているオナホールメンテナンスするためのアダルトグッズです。ただオナホの水分を取るためだけのグッズにお金をかけるの?そんな疑問も含めて、実際に使ってみた感想を元に商品詳細を全てお伝えします。結論としては大型オナホには必須レベル!【オナホ関連グッズ紹介】

オナホを保管しよう

さて、これでオナホの内側も外側もキレイキレイになったね~!あとは次に使う時まで保管しておくだけ!でもここでもいろいろチェックすることがあるよ~!

オナホールパウダー

油分多めなオナホールにはこれが必須だよ~

これは「ホールサラタッチ」

どうしても時間が経つとオナホールの油は染み出てくるからね~。次に使おうと思った時にベトベトしてたら、気持ち良いはずのオナホが台無しだよ!パウダーをふっておけばサラサラのまま次回も楽しめるよ~!

「サラタッチ」はパフも付いているので手が汚れにくくてイイよ~

除菌クリーナー

さらにご時勢もあって、除菌にも気を付けておきたいところだよね~!オナホール用の除菌グッズもありました!

これは「オナホ除菌抗菌クリーナー」
安定型複合塩素製剤でコロナウィルスやインフルエンザウィルス、ノロウィルスにも有効なんだって!

メンテの最後にシュッシュッシュッとね!

これで次にオナホを使う時までの衛生管理もバッチリだね~!

オナホ保管袋

あとはオナホをしまっておく方法!むき出しで保管するというのはさすがにいろんな面でアウトだからね!

保管に便利な「おもちゃ袋」というのも売っているんだよね~!

オナホをしまう時の袋に大事なのは

①中が見えないこと
これは衛生面というよりも心理的な面で必要だよね!オナホむき出しのまま部屋に置いておきたくはないよね!

②通気性が良いこと
万が一、水分の残った状態で通気性の悪い袋の中で保管されたオナホは、その水分が雑菌の繁殖に繋がるんだよ・・・・・・・

③光を通さないこと
強い光に当たり続けると、変色や素材の劣化に繋がるからね!さらにできるなら、部屋の中でも冷暗所的な場所に保管するのがイイね!

 

以上!オナホのメンテナンスを全部説明しちゃいました~!メンテナンスの有無でオナホの使用期間は大きく変わってくるし、不衛生なオナホを使うと病気に繋がることもあるから、みんなもしっかしとメンテしてオナホを楽しんでね~!

コメント

  1. 多分実際にここまでやっているやつなど居ない説。

  2. オナホは堂々と裏返して洗うタイプです。はい。